2001年6月3日にエンジンの調整が終わったのでバイクを引き取りに行ってそのまま御殿場まで行って来た時のお話です。
今回はカメラを忘れてたので文字だけです。(その分軽いですね)

<ルート>
[往路]
  柏(R6)-環七-青梅街道(高円寺)-五日市街道-環八-井の頭通り-人見街道-府中(R20)-車返し団地-府中街道-川崎街道-鎌倉街道-多摩市(東京都)-橋本(相模原市)-津久井湖-道志村-山中湖-東名自動車道(御殿場IC)
[復路]
 東名自動車道(御殿場IC)-首都高速道路(~三郷IC)-後は一般道で柏まで
  (おおよそ全行程300Km。「ショート」ではない!?とか)


6月3日
<AM11:50>
 代車の「SUZUKI Let'sくん」をガス満タンにしてバイク屋さんに到着。
 作業内容等を聞きながらしばし雑談。
 予想通り、特殊なセットアップになってる感じ(笑)。

<PM12:15くらい>
 支払いを済ませ、出発!エンジン始動...
  一回目:失敗。
 うぅむ、今までとは違うという事か...
  二回目:成功。
 確かに、説明の中で聞いた『スロットルをさらに戻す感じで「普通は動かない方」に回す感じ』で力を入れるとすぐに始動した。
 これはこれで癖があるということだよなぁ。ま、その辺の確認と言うことでスタート!

<PM12:30くらい>
 タンクが軽いので給油。
 実は、今までは「どこで給油するか」を綿密に計画しておかねばいけなかった。
 何故かと言えば、走行直後の再始動はほぼ不可能だったからだ。
 そんなわけで、今までは、しっかり冷えてからの再始動後、すぐに給油できる所でないと、給油後に「バイクを押してSSの外へ」てな具合になってしまうので、ツーリング時は、ほとんどが高速のSAで給油だった。
 しかし、今回は調整直後。不安はあるが..大丈夫だろう。(普段は、自宅近くにSSが有るのでいつもそこで給油していた。)
 結局、あっさり始動してくれた。今まででは考えられないくらいにあっさりと。
 う、うれしい...(こんな事で喜ぶな!)

<PM2:15くらい>
 「かうぢぃ氏」の住んでるトコの近くで電話をかける。
 ヤツを巻き込もうという魂胆だ。
 果たして...どうやら今日は用事かあるのでNGという事。
 まぁ、仕方ない。
 今のところエンジンは順調。ただし、給油後から一度もエンジンを止めていない。まだ再始動に不安があるからねぇ。

<PM2:50くらい>
 橋本駅付近で渋滞に巻き込まれていたので予定より5分ほど遅いが、津久井湖に到着!
 遅れてるから今日は止まることなく通り過ぎる。
 今日はバイクが多いなぁ。天気予報では「雨が降るかもしれない日」なのにね。(自分はその中に入っていない。自己中?)

<PM3:45くらい>
 「道の駅道志」に到着。ここまではほぼ全行程で四輪車に引っかかり、四輪車ペースで来たのでこんなもの。
 別段四輪が遅かったわけでもないので、道を空けてくれない限りは普通の車間距離で付いていく。
 別に遅くもない四輪を、「道を空けろ!」と威圧するのはねぇ。道を空けてくれたなら挨拶してから「ちぎっちゃう」けど(笑)。
 自分に水補給タイム。
 池には、子ガモがいた。まだ、「羽」と言うよりは「毛」が生えてるといった頃の、いい感じに愛らしいヤツが四羽だ。
 和むなぁ...やっぱりカメラ持ってくれば良かった。雨なんか気にしないで。
 さて、いよいよエンジン再始動のテスト時間がやってまいりました。心配だけどここでなら...と実施してしまいます。
 到着直後はファンがブンブン回ってたので、今までならあと20分は始動はよした方がいいという風だったのだが、まだ五分ほどしか経っていない...
 さてどうかな...おぉ!何の問題もなく始動する。これでもOKなのだから、もう心配は要らないだろう。 ※実際はこれだけでは足りていませんでした
 いつでも好きなときに始動できるなんて感動だ。(←それが当たり前なんだって!)
 ここでもバイクの品評会の様相を呈している方々がいるが、自分のバイクは平和そのもの。
 「改造原付」とか「偽KAWASAKIバイク」とか思われていればまだいい方だろうなぁ...
 ま、平和が一番。時間通りに出発出来るし。

<PM4:00くらい>
 道の駅を出発して、後ちょっとで山中湖というところだが、あたりが徐々に白くなってくる。霧だ!
 あっという間にセンターラインの白線が三本しか見えなくなる。
 山中湖の周回路が近くなってくるとさらに悪化!二本しか見えない!これは榛名湖の霧よりもヒドイ!
 自分は雨でもシールドを空けて走らない方なのだが、さすがにシールドに付く雨粒が細かすぎて見づらいので空けて走る。
 だが、御殿場に着く頃はそこそこの小雨になっていたので走りやすくなった。
 何故突然霧が?そうか、霧が出たのではなくて雲の中に入ったという訳か。納得。

<PM4:20>
 東名足柄SA着。すでに雨はやんでいる。
 しかし、今日はなんだかSEVEN(ケーターハム製。さすがにロータス製は居なかった)が多い。四台はいる。いいなぁ。
 家に到着予想時間を連絡して出発。

<~PM5:50くらい>
 厚木の手前から渋滞が始まる。ま、バイクだから様子を見ながら車の間を抜ける。
 やっぱりSEVENが多い。OCミーティングでもあったのだろうか。
 青葉IC付近からついに本格的な雨に。今までの小雨とは違う本格的な道が光るくらいのヤツだ。
 あちこち路肩で雨宿りをするライダーが見える。それはやめた方がいいぞ。気合いでSA/PAまで走れ!
 高速道路はどこにいようと基本的に「止まっていれば危ない」のだから。(緊急事態と言えば緊急事態だけれど)
 上り車線のSEVENさんたち、やっぱり幌なしで雨中を疾走している。
 レーシングシールド仕様だったりする人は、もう、雨をもろに体にうけて走っている。
 う~ん、気合いが違うね。ヘルメット装備の人もいるし。もう、「四輪ライダー」といった感じだ。(だからいいんだけれど)

<PM6:45くらい>
 三郷IC到着。もうすっかり雨。
 しかし、ランプウエイ中の道路のつなぎ目は何とかならないかなぁ、四輪でも「ズルッ」といって危ないのに、二輪ならなおのこと。
 スリップダウンの可能性も出てくるのに。

<PM7:10くらい>
 自宅到着。無給油でここまで。
 もしかすると以前よりも燃費はいいかも?その上、始動性の問題は全くなくなったのでこれからは「後出発で追いつく」なんて状態にはならないだろう。
 いやぁ、幸せだ。(本当はこれでも対策は済んでいなかったのだけれど)

以上。