2018年3月22日に白兎神社に行ってきました。場所は ここ

まぁ、「行ってきました」といっても、仕事で客先への納品のあと、茶九時間に余裕があるので 通り道にある&昼食の時間 ということで立ち寄ったのだったり。

当日は、前日の降雪(主に山間部)+降雨(結構強い雨)の中、東京より鳥取まで荷物(総重量600kgほど)を運んでの納品(9時半に搬入)だったのですが、予想外にすんなり搬入&納品が済んでしまい、10時過ぎにはすべての作業が済んで帰路に着くことに。

もともと、日付が変わるころに東京IC(東名道)につく見込みで日程を見ていたので結構時間に余裕がある状況。
そんなわけで、往路は米子道経由で途中山間部に雪も見えたことから、帰路は海岸沿いに走って鳥取道経由で戻ることにします。ちょうど昼食時に通りかかった道の駅 神話の里 白うさぎ で食事、そして、すぐそば(隣接といってよい)の白兎神社に立ち寄っていこうと言うことに。(行き当たりばったりですね)

 

 

  白兎神社の鳥居

こちらが白兎神社の鳥居。

名前のとおり、因幡の白兎 に関係した神社です。
前から知っていましたが、なかなか来る機会がなかったのでした。

当日は前日からの悪天候をひきづって、曇天+降雨+強風 のそろい踏みで、傘が役に立ちません。

海岸にも出てみたかったのですが、横殴りの雨ではどうしようもありません。

 

 

 

 

  石段を上ると...

石段を上ると、こんな感じでまだ先に続いてます。

ここまでくると、周りの木々でそれまでの暴風がウソのように静まってます。

さすがよく考えたつくりなんだなぁ....と関心する自分です。

  しばらく行くと

しばらく行くと、右手に池が。(池の写真撮り忘れた)

その背後には....

  なんとそこには

なんと、手水場にはウサギが!

結構丸くてかわいい感じですね。

 

白兎神社だからいろいろなところがウサギにちなんでます。

  来た方をもう一度

向こう側から歩いてきました。

海の白波が見えるかな?
(ここまで来ると風は穏やかです。よく出来てます。)

  白兎神社について 読めるかな?
  こちらが社殿(本殿?)

こちらが白兎神社の社殿です。

予想してたのより小さいです。

写真左手に社務所がこれとは別棟であります。
参拝の後はぜひ。(ウサギ柄のお守りなどいろいろありますよ)

  戻ってきました道の駅

 戻ってきて道の駅にはこんなものが。(「もの」扱いはいけないかな?)

どうやら「駅長室」らしいです。

  ふむふむ 駅長の名前は 命 らしい。
前の写真を見てのとおり、やはりウサギ推しですね。
  寝てる?

見たところ、駅長 は 就寝中 の様子。

ちっとも動きません、

 

というわけで、40分ほど時間調整してこの後鳥取道へ向かいました。

途中、3時間ほど昼寝しながらで10時過ぎには海老名SAについたので、12時前まで時間調整して帰りました。
今回は通常より休憩時間200%増しだったので、のんびりした道中となりました。安全運転第一です。
(まぁ、東京-鳥取間を、宿泊なしでの30時間ほどで往復だったのでそんなものかと。)

次は天気がいいときがいいなぁ