今回はハンドコントローラの接続です。

今回も、説明書どおりに進めていけばたぶん迷うことは少ないでしょう。

 

  架台にケーブルを取り付ける

架台側にケーブルを接続します。

両端が電話線やLANケーブルの両端のようになっているカールケーブルです。

両端のコネクタは仕様が異なるので合う方を差し込みましょう。(無理やり押し込まないよう注意!)

 

 

  ハンドコントローラにケーブルを接続

ハンドコントローラ側にもケーブルを接続。

差込側コネクタは2個ありますが、片側にしか入らないので間違うことは無いでしょう。(無理やり押し込まないよう注意!)

  電池ボックスに電池を入れて

電子ボックスに電池をセットして,,,

  ポーチに入れて ポーチ(?)に入れます。

 

  架台にプラグを差し込む ケーブルのプラグを架台に差し込むと...
  表示が出れば接続完了

接続に問題が無いならば液晶に表示が出ます。

スイッチは無いのでプラグの抜き差しで電源をON/OFFします。

(電源のON/OFFについては、後で何とかしたいところですね。)

 

 

というわけで、これで組み立てが終了。組み立てそのものはいたって簡単ですね、

これで(ファインダの調整を行ったら)アライメント操作を行えば観測開始できるようになりました。