概要 プラグ・ケーブル交換
実験結果 成功

記念すべき第一回目は、点火系で、プラグ・ケーブルの交換です。たった一本しかないのでとっても簡単ですね。

まずはタンクを取り外します。
写真の下側に見える黄色いケーブルが今回のターゲットです。
久しぶりだったので砂埃ですごいことになってました。

ここでは見えていませんが、今回は燃料タンクからフューエルチューブをはずしていません。怠け者です(笑)


CDIユニットのケーブルの刺さっている部分のキャップをゆるめて、ケーブルを引っ張ると、簡単にはずれてこのような状態になります。
※キャップと、その中に潜んでいるパッキンはなくさないようにしましょうね。
今回は写真上側に置いてあるケーブルに交換します。
前と同じNGKのイエローですが、今回からプラグキャップが赤くなりました。
写真のは、買ってきたそのままだとケーブルが長かったので丁度良い長さに切ってあります。

※注意!:
 ケーブルは5Ωの抵抗入りのケーブルを買ってきましょう。
 もし抵抗の入っていないケーブルにするのなら、プラグをレジスタープラグに換えなくてはいけません(きっと...)。
はずすのとは逆に、キャップをケーブルに通した後にパッキンをケーブルに付けてから、CDIユニットに差し込みます。
※奥までしっかりと。

キャップとプラグ・キャップをしっかり締め込めば作業完了です。(ややこしい?)
この時点でエンジンが始動できるか認すると良いでしょう。

以上ですべての作業はおしまいです。簡単ですね。