今回は、何年もの間棚上げしていたラジエーターカバー(シュラウド)の塗装をやってみることにします。

 

  今の状態(1)

今の状態がこれ。

経年劣化で表面が白っぽくなってます。

ついでに、エキゾースト近くは微妙に焼けてます。

 

  今の状態(2)

反対側もこの状態。

こちらも白っぽくなってますね。

  今回はコレで表面処理します。

最初の写真で、エキゾースト付近に「焼け」があったことから、ウレタン塗装では塗膜のほうに影響がありそうでなんとも心もとないのでこれまで「見ないふり」していたのであったり。

そこで、今回使用するのは 

 常温黒染剤(ファインケミカルジャパン株式会社 FC-142 スプレーブラッセン)

です。グラファイトを主成分としているので200度程度でも変質しないのでありがたい。

  処理後(1)

使い方は普通の塗料と同じなので、パーツを脱脂して薄く何度かに分けて塗り重ねればOKです。

というわけで、処理後のパーツを取り付けたのがコレ。

いい感じに黒くなりました。後はエキゾースト付近がどうなるかはこれからテストしてみます。

  処理後(2)

反対側もこのとおり。

今のところ「いい感じ」に仕上がってます、

 

通常、金属部品の処理に使うものなのですが、どうやら樹脂部品でも問題ないよう。

果たしてこの後どうなるでしょう!?