出来るところは自分でやっておく。っということで、錆の出ていたワイパーアームを補修してみました。

ちょうど良いことにこの日は猛暑日。なので塗装にはもってこいの条件です。

補修前の状態はこんな感じです。 果たしてうまくいくかな?

  補修前(左側)

 左側ワイパーアームです。

表面だけで深くは無いですが、すっかりさびてます。

  補修前(右側)

 右側ワイパーアームです。

こちらも左同様ですが、少しこちらのほうがひどいかな?

  先ずははずす!

錆取り&塗装のために、カバーをはずしてナットを緩めてアームをはずします。

っと、ココで緊急事態。固着していて外れません。

  急いで作った

普通ならプーラーでもあれば問題ないのですが手元に無い。
このままでは作業が進まないので、急ぎ手持ちの材料からプーラー”モドキ”を作成。

  こんな感じにかませて...

ネジの頭に合わせてこんな感じでかませてアームを引き剥がします。

がちがちに固着してなければコレで外れるはず。

   

無事うまく外れたので錆落とし&研磨&プライマー塗布(念のため)で、手持ちのエナメル系ツヤ消し黒塗料を塗布します。

この日は気温が35度を超える猛暑日のため、いい感じで部品も熱いため塗料の乾きも早い!

あっという間に3度塗りが終了!(途中の写真撮るの忘れました。)

塗装が済んだ部品はすぐに取り付けます。

ウインドウ側にもともとのブレード位置がわかるように養生テープ張っておくと取り付けが楽ですよ。

  きれいに塗れました

作業後の様子。

こちらは運転席側。

  こちらもきれいに塗れました

作業後の様子。

こちらは助手席側。

作業前とは大違いです。


残念なことに、特にトラブルも無く作業完了。

運よくエナメル系塗料のストックがあったのでよかった。対候性が高いといいのですが、それはこれからのお楽しみということで。

これにて作業はおしまい。