先日、客先より”winmail.dat”なるファイルが添付されたメールが到着した際のことをメモ代わりに書きとめておきます。

 

先日、”winmail.dat”なるファイルが添付されたメールが受信されていました。

送信元はよく知っている取引先。メールアドレスも、ヘッダ情報も、一見は特に怪しいところは無し。

メールの内容からは、「何らかの文書的なファイル」を添付したメールであることが推測されました。

電話すれば手っ取り早いのだろうけど、あいにくと外出中とのこと。

待っていても仕方ないので、なんとか(おそらく送られてきていると思われる)添付ファイルを自力で開きたい。

そこで、似たようなケースがないか調べてみるとやはりありました。しかもあっさりと。

要約すると、
  「送信者がOutlookを使用し、さらに、HTMLメールを送信」

     かつ
  「アウトルック系以外で受信者が受信」

  の条件で、添付ファイルがwinmail.datに化ける場合がある

とのこと。

さらに、添付ファイルが、画像ファイルやPDFファイルでは発生しにくく、MS製のファイル(ワードやエクセル)だと高確率で発生

ということらしい。

うむむ、MS系でもMac系のメーラーと似たようなことやってるわけですか。
勝手に決めた独自仕様でメール本体に添付ファイルを埋め込まないでほしいものですねぇ。(個人的な意見ですが)

というわけで、原因がわかった(とおもう)のですがどうやって復元しようか。

方法としては、(おそらくあるであろう)復元用ソフトを使用して復元 というのが一般的なんだろうけど、そうそう今回のようなケースがあるわけでもない(というより今回が初めて)。

なので、余計なソフトをインストールしたくないなぁ...と調べていると、やはりありました。手っ取り早そうな方法が。

 

それは、

 「受信メールをG-MAILに転送してしまう」

という方法。

 

ちょうどアカウント持ってるし、メールの内容から契約書類などではないことは明白だったので、自アカウント向けに転送してみましょう。

 

...と、しばらく待っていると無事転送したメールを受信できました。

 

うむ、pdfファイルが添付されてるようですね。ダウンロード&移動。
でもって転送したメール本文は即削除。

 

以上で当初の「添付されているファイルを取得する」という目的は無事果たせました。

今後、似たようなことがあっても、もう安心ですね。めでたしめでたし。

今回はここまで。