昨年末(2020年12月)に突然飛び出した「CentOSの開発終了(というより供給体制変更?)により、余計なものの入っていない安定したサーバOSがなくなるという事実から、今後の開発環境はどうしたものかと頭を悩ませて早半年。

そんななかで、なんとなくの候補は絞らなければいけないので...と考えてみた。

いろいろあるけど今のところ候補になるOS はこんな感じか。今までの開発環境を考えると同じ系統のほうがスムーズに移行で競うなき駕するので、RHEL系のOSに絞るとこんなところが候補かな。

  ディストリビューション メモ 公式サイト

1)

CentOS Stream

名前はCentOSだが、「安定版ではない」ので「コレ」ベースにシステム構築とはいかないかと。

また、「ローリングリリースモデル」らしいので、アップデートが頻繁に起こりそうなので、サーバとして提案するとその後のメンテ(アップデート後の動作確認など)も頻繁に発生するので手間になりそう。

https://www.centos.org/
2) AlmaLinux CentOS派生のホスティング事業者向けディストリビューションCloudLinux( https://www.cloudlinux.com/ )の開発元がCentOS後継を目指して立ち上げたもの。(主に企業向けの位置づけ) https://almalinux.org/
3) Rocky Linux

CentOSの元開発者がCentOSの方針転換を受けて発表したディストリビューションということから今後本命になる可能性あり。(主に個人向けの位置づけ)

ただ、いまのところ「AlmaLinux」に比べて開発は遅い様子なので今後どうなるかに注目。

https://rockylinux.org/ja/
4) Oracle Linux OracleがOracleのために用意するディストリビューションとしての位置づけかなと。あとから有料になったりされるのも怖いかな。 https://www.oracle.com/jp/linux/

 まぁ、AlmaLinux か Rocky Linux のどちらかになりそうな気がしますが、AlmaLinux の線がちょっと強そうかな。

後半年のうちに決めないとね。

 

あとは、開発とは関係なくおまけとして、ちょっと気になるディストリビューションをメモしておくことに。

  ディストリビューション メモ 公式サイト
1) Alter Linux 日本開発のディストリビューションなので今後の期待はある。だが、今後どうなるかが不透明な部分もあり、しばらくは様子見か。 https://alter.fascode.net/

 

なんと言ってもサポートが日本語だけでも安心そうなのでうまく育ってくれたらなぁ。と思う。

 さてさてどうしたものか悩ましい。