CentOS6のGUI環境下で画像編集する必要が発生したので GIMP(GNU Image Manipulation Program)をインストールしてみた。

 手順は至って簡単。

 ・パッケージのインストール

# yum -y install gimp

 これだけです。以上で完了です。(-yは無くても良いけどね)

 アプリケーション->グラフィックス とメニューをたどってゆくと、無事 GNU Image Manipulation Program が追加されてました。

 起動した後、適当な jpg ファイルを読み込んでからいじってみた感じでは、案外使えそうです。

 画像の拡大・縮小も単純拡大・縮小では無いので結構綺麗にできるようなので、今後のWebイトのメンテなどもLinux環境上でアイテム作成も含めてすべて出来るかなと思ってみたり。
  ※実は8月末に実施したぶるうほおる本体に使用している画像(特にアルバム)のサイズの微調整とかで使用していたりします。