あまり使わないので忘れないうちに書き留めておきます。

WinXPなどではたまに使っていたのですが、任意のフォルダがそのままドライブとしてアクセスできるように設定できます。

やり方自体はたいしたことは無く、MS-DOSコマンドを使えば指定したフォルダを仮想的にドライブ(たとえばHDDとかSDカードとかにアクセスする要領で)としてアクセスできるようになってしまいます。

使用するコマンドは subst
 
コマンドプロンプトを開いてヘルプを確認(”/?”オプションをつけて実行)してみる。

すると、

 

ubst /?
パスをドライブ名に関連付けます。

SUBST [ドライブ1: [ドライブ2:]パス]
SUBST ドライブ1: /D

  ドライブ1:         パスを割り当てる仮想ドライブを指定します。
  [ドライブ2:]パス  仮想ドライブに割り当てる物理ドライブとパスを指定します。
  /D                 置換した (仮想) ドライブを削除します。

現在の仮想ドライブ一覧を表示するときは、パラメータを指定せずに SUBST と入力して
ください。

と表示されました。

つまり、 

subst v: "c:\hogehoge"

を実行すると v ドライブが仮想的に出現し、

subst v: /D

を実行すれば、vドライブは消滅します。

ついでに、

subst

と実行すると、現在設定されている状況が確認できるようです。

コマンド打ち込みですが頻繁にアクセスするフォルダを設定すると楽かも。(あまり使う機会は無いかな)

今回はこれだけ。以上。