先日「新たにWindowsPC(Win10)を導入したが、現在稼働中の共有ファイルサーバ(Samba)に接続できない。」という連絡があった。

最初は電話指示で対応してもらおうとしたが、単純な問題ではなさそう。
仕方ないので、直接行って対処することにした。

状況確認すると、メールの送受信や、Webサイトの閲覧は問題なくできている状況なので、単純なネットワーク接続のトラブルでもなさそう...嫌な予感...

そうはいっても、何とかしなくてはならないので、考えられる設定から順番に確認して状態の変化があるか調べてゆくことにした。う~ん、わからん...

結果的には、2時間ほどの調査でようやく問題を解決することができたのだが、今後のためにその時の対処法を残しておくことにする。

1.現状の整理
  症状:WindowsPC(Windous10)から、共有ファイルサーバが参照できず、かつ、直接指定での接続もできない
     ※既存PC側からは問題なく参照、アクセスは可能であることを確認済み。

2.原因(調査結果)
  Windows機能としてSambaへのアクセス(ファイル共有)が無効化されていた

3.対処手順(Windows10の場合)  ※他のOSでは手順は異なると思いますのでその場合には参考ということで。

(1) 「コントロールパネル」を選択して開く 「コントロールパネル」を選択して開く。
(2) 「コントロールパネル」を選択して開く 「プログラム」を選択して開く。
(3) 「Windowsの機能の有効化または無効化」を選択して開く 「プログラムと機能」の「Windowsの機能の有効化または無効化」を選択して開く。
(4) 「SMB1.0/CIFS ファイル共有のサポート」がチェックされていることを確認する 「SMB1.0/CIFS ファイル共有のサポート」がチェックされていることを確認する。(問題PCでは、ここがチェックされていないことを確認した。)
(5) 「SMB1.0/CIFS ファイル共有のサポート」がチェックされていなければチェックする

「SMB1.0/CIFS ファイル共有のサポート」がチェックされていなければチェックし、OKボタン押下で設定を反映させる。

※今回は、ここがチェックされていなかったことが原因で接続できなかったようです。たったこれだけ...

(6) (画像なし) 接続できるようになったことを確認する。

 

 

以上のような手順で設定を変更することで状況の改善を確認できたので対処完了ということにした。

当初は、セキュリティソフトのフィルタリング機能のほうが原因かと思って調べていたために余計な時間がかかってしまったのだが、こんなところにも関連した設定があるとはねぇ....皆さんは気を付けましょうね。(<-こんなことはあまりないか。)

今回はここまで。