現在一部コンテンツが表示出来ていないところがあります

先週より、村役場 の 登録情報の表示について、エラー表示になっているとの報告を受けており、現在(2021年2月15日 22時の時点で)も対策を検討中です。

ヒロさんほかの方々には、エラーとなっている旨の報告をいただき大変ありがとうございました。

現在も原因の調査中で、対策にはまだ時間がかかる見込みですが、復旧もしくは代替のものへの切り替え等、対策が住みましたら改めてお知らせするようにします。

また、表示はされていたがエラー表示も同時に出ていた部分に関しては、対策を行いましたが、まだエラー表示が出ているところがありましたら、お手数ですがその旨お知らせください。

出来る限り早く対策を行うようにしますので、申し訳ありませんがよろしくお願いします。


2021年4月18日追記
 何とかCSむらの登録情報をデータからもとの(表示されていた)登録情報への復元が完了しました。(たぶん大丈夫なはず...)
 あとは、登録情報を表示できるようにすれば...というところですが、90件ほどのデータを半値する作業がこれから待っているのです...出来るだけ速く掲載形式を決めて復活させるようにしますのでもうしばらくお待ちください。(4月中目標。)


 

2022年のOFF会予定(仮)

2022年のOFF会の予定です。

 2022年5月4日(水)
  ---> バイカーズパラダイス南箱根OFF (静岡県)
    集合場所:バイカーズパラダイス南箱根 (https://www.bipa.jp/
     時間 :13時00分 (仮) ※特に終了時間は設定しないので予定の隙間に入れてもらえればといった感じです。

    ※かなり箱根寄りの位置になるので、「ツーリング帰りにちょっと立ち寄り...」とかも可能な
    感じに時間設定してみましたが、自分は15時くらいまでは現地にとどまっていようかなと思うので、
    あまり開始時間を気にしなくても大丈夫でしょう。

 

 

開催日については、天候等により変更になる可能性が有りますのでご注意ください。 

この他でも随時こちらで把握した範囲で追加するようにします。

 

 

12月初旬に待ちに待った望遠鏡が到着しました。

機種は Sky Explorer SE-GT102M II (ケンコー・トキナー社製) です、
自分が小学生のころは「ミザール製」全盛だったのですが、いまはそうでもないらしい。

実は10月には手配していたのですが、品切れで入荷待ちということだったのですが、2ヶ月ほど待って何とか年内に到着しました。

 

 

  箱の中身

到着した箱の中身です。

(内訳はこちらをクリック)

 

 

  なんとメーカー直送

伝票を見ると...なんと、メーカーからの直送らしい。

なんとなくうれしいのはなぜ?

  並べてみた

早速、箱から出して並べてみました。

真ん中が三脚です。(見たままですね)

  架台、アイピース、コントローラ等の備品

架台、アイピース、コントローラなどの備品たち。

このコントローラがミソで、設置後に初期設定すれば自動で見たい星のほうを向いてくれるという優れものです。

  鏡筒です

こちらが鏡筒です。

「マクストフカセグレン式」という「屈折望遠鏡と反射望遠鏡の利点を併せ持つ」とされる構造になってます。(詳しい説明はここでは省略)

大きさが判らないので単三乾電池を並べてみました。
これでも(口径が約100mm、長さが約300mm)焦点距離1300mm相当の性能があります。

この大きさならば、天体観測ツーリング が実現できるかな,,,というのが狙いだったり。

 

というわけで、次回はこれらを組み立ててみることにしましょう。(続くの!?)