現在一部コンテンツが表示出来ていないところがあります

先週より、村役場 の 登録情報の表示について、エラー表示になっているとの報告を受けており、現在(2021年2月15日 22時の時点で)も対策を検討中です。

ヒロさんほかの方々には、エラーとなっている旨の報告をいただき大変ありがとうございました。

現在も原因の調査中で、対策にはまだ時間がかかる見込みですが、復旧もしくは代替のものへの切り替え等、対策が住みましたら改めてお知らせするようにします。

また、表示はされていたがエラー表示も同時に出ていた部分に関しては、対策を行いましたが、まだエラー表示が出ているところがありましたら、お手数ですがその旨お知らせください。

出来る限り早く対策を行うようにしますので、申し訳ありませんがよろしくお願いします。


2021年4月18日追記
 何とかCSむらの登録情報をデータからもとの(表示されていた)登録情報への復元が完了しました。(たぶん大丈夫なはず...)
 あとは、登録情報を表示できるようにすれば...というところですが、90件ほどのデータを半値する作業がこれから待っているのです...出来るだけ速く掲載形式を決めて復活させるようにしますのでもうしばらくお待ちください。(4月中目標。)


 

2021年のOFF会予定(主にぶるうほおる側で決めたもの)

2021年のOFF会の予定を決めてみました、

 2021年10月9日(土)
  ---> 神戸OFF (兵庫県)
    集合場所:神戸海洋博物館駐車場 (https://goo.gl/maps/5pBQyxbNFT13dsKh8
     時間 :13時00分

開催日については、天候等により変更になる可能性が有りますのでご注意ください。 

 

この他でも随時こちらで把握した範囲で追加するようにします。

 

 

 ラズベリーパイで開発をしていると、ネットワーク経由でファイルのやり取りを行いたくなってきますりますね。(自分だけかな?)

 かといって、最小構成のシステムにとどめたいので、sambaやらのサーバを仕掛けてファイルをやり取りする様なことは避けたい。

 なので、ftpコマンドが使って外部のFTPサーバのアクセスできるようにしようと思います。

 なお、ここでは、ごく狭い範囲でのみ運用するLAN上での使用が前提で、(正確な表現ではないが)暗号化に対応のsftpなどの使用はひとまず考えなものとします。

 

1.事前準備(1)

 事前にゲートウエイ経由でインターネット側に接続できるようにします。

 

2.事前準備(2)

 ラズベリーパイの時刻設定を確認して、内部時刻と現在時刻とを合わせておきます。

 

3.ftpコマンドのインストール

 インストールといっても、たいしたことはありません。

$ sudo apt-get install ftp

 のコマンドを投入するだけで完了です。

 

4.使用してみる

 では、早速使ってみましょう。

(1)接続
 接続先ポートはデフォルトのままで稼動しているサーバに接続するなら、

   $ ftp 192.168.x.xxx

 を投入することで、接続でき、ユーザ名とパスワードを問われるので適時入力することで接続できます。
 ※コマンドオプションにより、パッシブモードでの運用や、ポート指定の接続も可能です。詳しくはmanコマンドにて確認してください。

 接続後には help コマンドで、接続後に使用できる(用意されている)コマンドと使い方を確認できるようになります。

 

(2)カレントディレクトリの移動
 ログインできている段階でのサーバ側カレントディレクトリの情報は、"ls"コマンドなどなどで確認できます。
 逆に、接続元側の情報は”!ls”(先頭に”!”をつける)などにより確認できます。

 どちらにも同じ要領でcdコマンドが使用できるので、任意のディレクトリをカレントディレクトリに変更することが出来ます。

 

(3)転送モード設定
 ファイル転送に先立って、転送モードを指定します。

 転送モードには”アスキー”と”バイナリ"モードの2種があり、厳密には違うのだと思いますが、テキストエディタで開くファイルならアスキーモードで、実行ファイルのようなテキストエディタで開かないファイルならバイナリモードで転送するので、現在のモードをどちらにするかを事前に指定します。

 ・アスキーモードにする場合
   ascii

 ・バイナリモードにする場合
   binary

変更する場合にはそれぞれ投入します。変更する必要が無ければファイルごとに投入する必要はありません。

 

(4)ファイルの取得
 get コマンドにてファイルをサーバ側に取得(転送)することが出来ます。
 コマンド例は、

   get xxxx.c

  のようになります。指定するファイル名には正規表現も使用できます。

 

(5)ファイルの送出
 put コマンドにてファイルをサーバ側から取得(転送)することが出来ます。

 コマンド例は、

   put xxxx.c

  のようになります。指定するファイル名には正規表現も使用できます。

 

(6)ログアウト
 exit や bye のコマンドを投入することでログアウトできます。

 

 こんな感じで、コマンドラインによりネットワーク越しでファイルの受け渡しが「可能になります。
 guiのFTPクライアントに慣れている人は多いとおもいますが、実は、これらのコマンドをソフトウエアで自動生成してサーバとやり取りしているのだったりします。

 このほかにもいろいろなコマンドや使い方がありますので適時調べるとよいでしょう。