現在一部コンテンツが表示出来ていないところがあります

先週より、村役場 の 登録情報の表示について、エラー表示になっているとの報告を受けており、現在(2021年2月15日 22時の時点で)も対策を検討中です。

ヒロさんほかの方々には、エラーとなっている旨の報告をいただき大変ありがとうございました。

現在も原因の調査中で、対策にはまだ時間がかかる見込みですが、復旧もしくは代替のものへの切り替え等、対策が住みましたら改めてお知らせするようにします。

また、表示はされていたがエラー表示も同時に出ていた部分に関しては、対策を行いましたが、まだエラー表示が出ているところがありましたら、お手数ですがその旨お知らせください。

出来る限り早く対策を行うようにしますので、申し訳ありませんがよろしくお願いします。


2021年4月18日追記
 何とかCSむらの登録情報をデータからもとの(表示されていた)登録情報への復元が完了しました。(たぶん大丈夫なはず...)
 あとは、登録情報を表示できるようにすれば...というところですが、90件ほどのデータを半値する作業がこれから待っているのです...出来るだけ速く掲載形式を決めて復活させるようにしますのでもうしばらくお待ちください。(4月中目標。)


 

2021年のOFF会予定(主にぶるうほおる側で決めたもの)

2021年のOFF会の予定を決めてみました、

 2021年10月9日(土)
  ---> 神戸OFF (兵庫県)
    集合場所:神戸海洋博物館駐車場 (https://goo.gl/maps/5pBQyxbNFT13dsKh8
     時間 :13時00分

開催日については、天候等により変更になる可能性が有りますのでご注意ください。 

 

この他でも随時こちらで把握した範囲で追加するようにします。

 

 

 SDカード上でプログラム開発しても良いのだけれど、書き込み回数制限などを気にしないといけなくなるので、手っ取り早くHDDを接続し、そこで開発することにしたいので、HDDを使用できるように設定した。

 

1.接続されているハードディスクの確認
 HDD接続前に、接続されているデバイスを確認する

$ sudo fdisk -l

Disk /dev/mmcblk0: 15.7 GB, 15720251392 bytes
4 heads, 16 sectors/track, 479744 cylinders, total 30703616 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0x000b5098

       Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/mmcblk0p1            8192      122879       57344    c  W95 FAT32 (LBA)
/dev/mmcblk0p2          122880    30703615    15290368   83  Linux
pi@raspberrypi ~ $

 と、現在HDDは接続されていない状態が確認できる。

 次に、あらかじめNTFSでフォーマットされているHDDを接続して同じことをやってみると...

$ sudo fdisk -l

Disk /dev/mmcblk0: 15.7 GB, 15720251392 bytes
4 heads, 16 sectors/track, 479744 cylinders, total 30703616 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0x000b5098

       Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/mmcblk0p1            8192      122879       57344    c  W95 FAT32 (LBA)
/dev/mmcblk0p2          122880    30703615    15290368   83  Linux

Disk /dev/sda: 120.0 GB, 120034123776 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 14593 cylinders, total 234441648 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0x85715989

  Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sda1   *          63   234436544   117218241    7  HPFS/NTFS/exFAT
pi@raspberrypi ~ $

 と、接続されたHDDが認識され(/dev/sda1)ていることがわかります。

 ※実は、USB HDD をバスパワー駆動しようとしましたが、電源容量が足りないようで、接続したとたん無線LANモジュールが停止してしまいました。
 電源協供給した状態でHDD接続すると、問題は無い様なのでちょっと残念ですね。

 

2.ntfs-3gのインストール
 そのままではNTFSフォーマットのHDDを読み書きできないので、読み書きできるパッケージをインストールする。
 いれるのは、おなじみ”ntfs-3g”です。(CentOSでも入れた時の模様はこちら。)

 さっそく ntfs-3gをインストールします。

$ sudo apt-get install ntfs-3g
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下のパッケージが新たにインストールされます:
 ntfs-3g
アップグレード: 0 個、新規インストール: 1 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
694 kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 1,513 kB のディスク容量が消費されます。
取得:1 http://mirrordirector.raspbian.org/raspbian/ wheezy/main ntfs-3g armhf 1:2012.1.15AR.5-2.1 [694 kB]
694 kB を 1秒 で取得しました (498 kB/s)
パッケージを事前設定しています ...
以前に未選択のパッケージ ntfs-3g を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 69068 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(.../ntfs-3g_1%3a2012.1.15AR.5-2.1_armhf.deb から) ntfs-3g を展開しています...
initramfs-tools のトリガを処理しています ...
man-db のトリガを処理しています ...
ntfs-3g (1:2012.1.15AR.5-2.1) を設定しています ...
update-initramfs: deferring update (trigger activated)
initramfs-tools のトリガを処理しています ...
pi@raspberrypi ~ $

 というわけで、無事終了したので再起動しておきます。(念のため)

再起動後にログを確認すると、後ろのほうの記述から認識できていることがわかります。

$ dmesg|more
[    0.000000] Booting Linux on physical CPU 0x0
[    0.000000] Initializing cgroup subsys cpu

  :

 (中略)

  :

[   21.622796] wlan0: authenticate with dc:fb:02:c6:de:4c
[   21.751588] wlan0: send auth to dc:fb:02:c6:de:4c (try 1/3)
[   21.753288] wlan0: authenticated
[   21.761403] wlan0: associate with dc:fb:02:c6:de:4c (try 1/3)
[   21.765271] wlan0: RX AssocResp from dc:fb:02:c6:de:4c (capab=0x411 status=0 aid=1)
[   21.773771] wlan0: associated
[   90.391438] usb 1-1.3: new high-speed USB device number 5 using dwc_otg
[   90.492704] usb 1-1.3: New USB device found, idVendor=152d, idProduct=2329
[   90.492736] usb 1-1.3: New USB device strings: Mfr=1, Product=2, SerialNumber=5
[   90.492756] usb 1-1.3: Product: USB to ATA/ATAPI bridge
[   90.492769] usb 1-1.3: Manufacturer: JMicron
[   90.492783] usb 1-1.3: SerialNumber: 7D578E907292
[   90.500079] usb-storage 1-1.3:1.0: USB Mass Storage device detected
[   90.505443] usb-storage 1-1.3:1.0: Quirks match for vid 152d pid 2329: 8020
[   90.505679] scsi0 : usb-storage 1-1.3:1.0
[   91.502397] scsi 0:0:0:0: Direct-Access     WDC WD12 00BEVS-75UST0    01.0 PQ: 0 ANSI: 2 CCS
[   91.510127] sd 0:0:0:0: [sda] 234441648 512-byte logical blocks: (120 GB/111 GiB) <- ココ
[   91.510825] sd 0:0:0:0: [sda] Write Protect is off <- ココ
[   91.510857] sd 0:0:0:0: [sda] Mode Sense: 28 00 00 00 <- ココ
[   91.512551] sd 0:0:0:0: [sda] No Caching mode page found <- ココ
[   91.512586] sd 0:0:0:0: [sda] Assuming drive cache: write through <- ココ
[   91.515313] sd 0:0:0:0: [sda] No Caching mode page found <- ココ
[   91.515345] sd 0:0:0:0: [sda] Assuming drive cache: write through <- ココ
[   91.556406] sd 0:0:0:0: Attached scsi generic sg0 type 0
[   91.780253]  sda: sda1 <- ココ
[   91.784249] sd 0:0:0:0: [sda] No Caching mode page found
[   91.784285] sd 0:0:0:0: [sda] Assuming drive cache: write through
[   91.784308] sd 0:0:0:0: [sda] Attached SCSI disk

 

8.3.HDDのマウント
  外付けHDDをマウントするための準備。

(1)ディレクトリ作製

$ sudo mkdir /mnt/extdisk1

(2)起動時にHDDをマウントする記述を追加する

  方法1) ※SDカード書きこみ可(通常状態)で運用している場合

$ sudo vi /etc/fstab

 

(最後のほうに以下の記述を追加)

#USB-HDDをマウントする
/dev/sda1       /mnt/extdisk1   ntfs-3g defaults          0       0

  方法2) ※RAM上で運用している場合
   noprotectモードだと方法1でもうまくいくが、protectモードだとマウント先が変わってしまうので、替わりにrc.localにマウントコマンドを記述することにした。

$ sudo vi /etc/rc.local


mkdir /mnt/exthdd1                    <- 追記(わざと方法1とはディレクトリ名を変えてあるヨ)
mount -t ntfs-3g /dev/sda1 /mnt/exthdd1     <- 追記(わざと方法1とはディレクトリ名を変えてあるヨ)

 

  方法3) ※手動でマウントする場合
   もしも自動でマウントしたくない場合には、”方法2”の追記部分だけのスクリプトを用意して手動で同実行するようにしておく。

  ※このような記述を書いたファイルを手動で実行する

mkdir /mnt/exhdd<- 追記(わざとディレクトリ名を変えてあるヨ)
mount -t ntfs-3g /dev/sda1 /mnt/exhdd <- 追記(わざとディレクトリ名を変えてあるヨ)

 

(3)再起動して確認する
 手動でマウントする場合を除いて、再起動後にマウントされているかを以下のコマンドにて確認する。

$ ls -l /mnt/extdisk1

とか

$ ls -l /mnt/exthdd1

 ※実際にマウントしたところを確認してください

 

確認できたら設定は終わりです。