現在一部コンテンツが表示出来ていないところがあります

先週より、村役場 の 登録情報の表示について、エラー表示になっているとの報告を受けており、現在(2021年2月15日 22時の時点で)も対策を検討中です。

ヒロさんほかの方々には、エラーとなっている旨の報告をいただき大変ありがとうございました。

現在も原因の調査中で、対策にはまだ時間がかかる見込みですが、復旧もしくは代替のものへの切り替え等、対策が住みましたら改めてお知らせするようにします。

また、表示はされていたがエラー表示も同時に出ていた部分に関しては、対策を行いましたが、まだエラー表示が出ているところがありましたら、お手数ですがその旨お知らせください。

出来る限り早く対策を行うようにしますので、申し訳ありませんがよろしくお願いします。


2021年4月18日追記
 何とかCSむらの登録情報をデータからもとの(表示されていた)登録情報への復元が完了しました。(たぶん大丈夫なはず...)
 あとは、登録情報を表示できるようにすれば...というところですが、90件ほどのデータを半値する作業がこれから待っているのです...出来るだけ速く掲載形式を決めて復活させるようにしますのでもうしばらくお待ちください。(4月中目標。)


 

2021年のOFF会予定(主にぶるうほおる側で決めたもの)

2021年のOFF会の予定を決めてみました、

 2021年10月9日(土)
  ---> 神戸OFF (兵庫県)
    集合場所:神戸海洋博物館駐車場 (https://goo.gl/maps/5pBQyxbNFT13dsKh8
     時間 :13時00分

開催日については、天候等により変更になる可能性が有りますのでご注意ください。 

 

この他でも随時こちらで把握した範囲で追加するようにします。

 

 

今回の記事は2015年初めに当時発売されたばかりのラズベリーパイ2を3月には入手できていたのですがいろいろ試しているうちに..

というわけで、いまさらながら、今回は手元に届いたときに行った ラズベリーパイ ModelB+ から ラズベリーパイ2ModelB への移行手順などをまとめます。

 

1.早速比較

 見た目には、細かいチップレベルでは違いはありますが、LAN、USB、HDMI等のインタフェースの位置は変更が無い様子。

  箱です

箱です。
印刷されている文字では”Pi 2”になってます。

  全体 ボードを上から。
載っているチップとかはさすがに代わってますが、インタフェース周りについては大きな配置変更はないようです。
場合によっては加工が必要らしいですが自分の持っていたB+用ケースはそのまま使えました。

  USB&LAN LAN&USBコネクタ側から。

 実際、今までのB+で使用していたケースにはそのまま装着できました。
 ケースによっては、配置の変更されているチップが接触するなどのことがあるようなので、ケースの流用を考えている方は要注意です。

 

2.システムの移行(いままで使っていたSDカードを挿してみた)

 というわけで、ケースには無事組み込めたので、早速動かしてみよう...と、これまで使用していたSDカード(システム)を(スロットへ)挿入!
 そして、電源投入..待つこと1分とちょと... んん..待っていてもLED等のの反応が無い...

 事前の情報では、システムは互換性ありとのことだったのですが、どうやらこのままでは起動しない様ですね。どうしよう...

 よく考えれば当たり前のことなのですが、ラスベリーパイ2からは、CPUがマルチコアになるなど、ハード的な違いはそれなりにはあるわけで、どうやら、「互換性」については、「最新版なら過去のボードにも..」のニュアンスだったようですね。

 さてさて、いまさらOSイメージを展開して再設定から...なんてのは面倒(<-この怠け者が!)です。なんとかならないかな。

 というわけで調べてみると、システムのアップグレードでPi2に対応できるようになる模様。
 これは朗報です。やってみない手はありません。 

 

3.システムの移行1(システムのバックアップ)

 さっそくアップグレード作業を実施してみましょう...と、その前に、今のSDカードの内容をバックアップしておきましょうか。念のため。(バックアップ方法はここでは省略)

 

4.システムの移行2(システムのアップグレード)

 バックアップが取れたところで、アップグレード作業を実施してみましょう。

 


<以降は、ネットにつながる状態である前提です。つながらない場合には対処しておきましょう。>


 

 それでは順番に、以下のコマンドを実行しましょう。(途中の経過表示がたくさん出るのですがここでは省略してます)

 コマンド投入後は、ときどき応答を求めてくるので(念のため内容を読んでから)”Y"を入力しつつ進めていきます。

 これで最新版(自分のときは2014年12月版でした)へのアップデートされます。
 キモは最後ほうかな。(変更されたUIのアップデートを反映するものらしいです。CUIで使用する分には関係ないかもしれないけど。)

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade
$ sudo apt-get dist-upgrade
$ sudo apt-get install raspberrypi-ui-mods

 ただ、投入するコマンドはこれだけなのですが、自分が実施した際にはすべてが終わるまでに3時間近くかかってしまいました。(ネット環境によっては違うのかもしれません。)
 手順を最初に見たときは、投入するコマンドが「これだけ」なので「そんなに時間はかかるまい」と思って19時くらいからはじめたのですが、20時を過ぎたところで始めたことをちょっと後悔しまいました。(笑)

 アップグレードは十分時間のあるときにやるようにしたほうが良いかも。

 

5.システムの移行3(アップグレード後の旧環境での素動作確認)

 時間はかかったものの、全てが無事終了したことを確認できたので、まずはもともとのB+側での動作を確認します。

 これで起動すらしてくれなかったら泣けますが、今回は無事起動からの全ての正常動作を確認出来ました。

 ALL RAM駆動での動作に関しても特に問題なし。(ここが一番気がかりだったので一安心です)

 

6.システムの移行4(新環境での素動作確認)

 というわけで、いよいよ、ラズベリーパイ2側に、移行(アップグレード)後のSDカードを挿入して起動してみます。果たして起動してくれるのか....

 と、無事、起動してくれました。動作に関しても問題なしでした。(一安心×2)

 

7.ついでに...(ファームウエアのアップデート)

 無事起動できたところで、この状態でのSDカードのバックアップを取って復元ポイントを作製。

 バックアップが取れて安心したところで、この機会に、ファームウエアのアップデートを実施してみます。
 これで、ファームウエア更新後に動かなくなったとしてもバックアップがあるから大丈夫!(なのかな?)

 というわけで、コマンド投入!

$ sudo rpi-update

 これまた時間はかかりますが我慢我慢。

 アップデート完了後にシステムの動作確認を行いましたが、無事に正常動作を確認できました。めでたしめでたし。

 

 再びバックアップを取り、今後はこれをスタートラインの環境とすることにします。

 

8.ざっくりとしたラズベリーパイ2の使用感

 最初のログイン可能になるまでの時間が短いようです。さらに、心なしか反応が良いような気がします。やはりCPUの高速化が利いているのかも。

 早速、簡単なプログラムをコンパイルしてみました。
 おぉ、これまで6秒ほどかかっていたものが2秒ほどで終了してしまいましたよ。約3倍の速さです。
 一応、シリアルポート等のI/Oポート周りやソケット通信のレベルのコントロールに関しては、旧プラットフォーム(B+)との間でもお互いに作製した実行ファイルを転送して動作させても問題はなさそうです。

 まぁ、高速化に関しては、CPUがマルチコア化され、メモリも増えているわけですから当たり前といえばそれまでなのでが、この分では、GUI環境も以前よりも軽快になっているのではないかと推測できます。(未確認ですが)

 さらにマルチコアを意識したプログラムを書けば前後の比較での差は広がるのでしょうけど、それは今後のお話ということで。

 それでは今回はここまで。