現在一部コンテンツが表示出来ていないところがあります

先週より、村役場 の 登録情報の表示について、エラー表示になっているとの報告を受けており、現在(2021年2月15日 22時の時点で)も対策を検討中です。

ヒロさんほかの方々には、エラーとなっている旨の報告をいただき大変ありがとうございました。

現在も原因の調査中で、対策にはまだ時間がかかる見込みですが、復旧もしくは代替のものへの切り替え等、対策が住みましたら改めてお知らせするようにします。

また、表示はされていたがエラー表示も同時に出ていた部分に関しては、対策を行いましたが、まだエラー表示が出ているところがありましたら、お手数ですがその旨お知らせください。

出来る限り早く対策を行うようにしますので、申し訳ありませんがよろしくお願いします。


2021年4月18日追記
 何とかCSむらの登録情報をデータからもとの(表示されていた)登録情報への復元が完了しました。(たぶん大丈夫なはず...)
 あとは、登録情報を表示できるようにすれば...というところですが、90件ほどのデータを半値する作業がこれから待っているのです...出来るだけ速く掲載形式を決めて復活させるようにしますのでもうしばらくお待ちください。(4月中目標。)


 

2021年のOFF会予定(主にぶるうほおる側で決めたもの)

2021年のOFF会の予定を決めてみました、

 2021年10月9日(土)
  ---> 神戸OFF (兵庫県)
    集合場所:神戸海洋博物館駐車場 (https://goo.gl/maps/5pBQyxbNFT13dsKh8
     時間 :13時00分

開催日については、天候等により変更になる可能性が有りますのでご注意ください。 

 

この他でも随時こちらで把握した範囲で追加するようにします。

 

 

ようやく日本でも、先月末ごろ(3月26日)に、ついにラズベリーパイ3が発売されました。

事前に情報は入っていたので某大手米国発通販サイトなどをチェックしていたわけですが、どこも早々に売り切れになっていたようでまだまだ入手困難なようですが、何とか2週遅れの4月初旬に入手できました。

まだまた(4月16日時点の)店頭では品切れしているところが多いようなので入手できただけ良いほうなのかな?

 

今回の「3」では、CPUの強化(クロックupと64Bit化)もありますが、それ以上に、無線LAN(Wi-Fi)アダプタとBluetoothアダプタが標準実装されました。おかげで、USB接続していた機器が減るのでうれしいですね。(詳細は https://ja.wikipedia.org/wiki/Raspberry_Pi を参照ください。)

ボードの販売価格(今は若干高めですが)もそんなに違わないので、むしろオトク感さえあったり。

ただ、電源側の要求仕様が”2.5A必須”ということのようなので、電源が無くて困る方はいるのでは?とも。

自分はこれまでも自作電源(定格3A)で給電していたので問題は無いはずです。(問題ありませんでした。その辺は別の記事で)

では、早速見ていきましょう。

  外箱

これが外箱です。

 

  外箱(うら)

 外箱(うら)です。

多国語対応の箱ですね。

今回のボードは”MADE IN CHINA”。

初めてのUK製でないものなのですが、たぶん問題は無いでしょう。

  Pi3(おもて)

Pi3の表側です。(Pi2はこちら

写真左下側の四角いところ(Pi2まででLEDがあったところ)はアンテナとの事。

各インタフェースの位置は変っていないようです。

  Pi3(うら)

Pi3の裏側です。(Pi2はこちら

SDカードスロットに変更がありました。

これまでは、バネ的なギミックで一回押すと飛び出して引き抜く様になっていましたが、今度はその辺が一切無いので力ずくで引っこ抜くだけです。

まぁ、”うっかり触って抜け”てしまうようなトラブルはなくなるのでしょうから好みの問題かな。

  説明書 今回は、取り扱い説明書が付いてました。
  説明書(拡大1) こんな感じで...
  説明書(拡大2)

日本語記述も有る、”多国語仕様”の説明書になってます。

が、この機器を購入するような人はこれを読むのかな...とも思わなくも無かったり。

まぁ、内容はともかく、英語文書を読み解くよりは楽なので助かりますが。

 

といった感じです。

今回はここまで。

次回は実際に動かすところまで(「CUIベースで」ですが)です、お楽しみ(?)に。