現在一部コンテンツが表示出来ていないところがあります

先週より、村役場 の 登録情報の表示について、エラー表示になっているとの報告を受けており、現在(2021年2月15日 22時の時点で)も対策を検討中です。

ヒロさんほかの方々には、エラーとなっている旨の報告をいただき大変ありがとうございました。

現在も原因の調査中で、対策にはまだ時間がかかる見込みですが、復旧もしくは代替のものへの切り替え等、対策が住みましたら改めてお知らせするようにします。

また、表示はされていたがエラー表示も同時に出ていた部分に関しては、対策を行いましたが、まだエラー表示が出ているところがありましたら、お手数ですがその旨お知らせください。

出来る限り早く対策を行うようにしますので、申し訳ありませんがよろしくお願いします。


2021年4月18日追記
 何とかCSむらの登録情報をデータからもとの(表示されていた)登録情報への復元が完了しました。(たぶん大丈夫なはず...)
 あとは、登録情報を表示できるようにすれば...というところですが、90件ほどのデータを半値する作業がこれから待っているのです...出来るだけ速く掲載形式を決めて復活させるようにしますのでもうしばらくお待ちください。(4月中目標。)


 

2021年のOFF会予定(主にぶるうほおる側で決めたもの)

2021年のOFF会の予定を決めてみました、

 2021年10月9日(土)
  ---> 神戸OFF (兵庫県)
    集合場所:神戸海洋博物館駐車場 (https://goo.gl/maps/5pBQyxbNFT13dsKh8
     時間 :13時00分

開催日については、天候等により変更になる可能性が有りますのでご注意ください。 

 

この他でも随時こちらで把握した範囲で追加するようにします。

 

 

1.こまったこまった(ことの始まり)

ある日、こんな問い合わせが舞い込んで着ました。

「借りてきたバックアップデータ保存用HDD(外付け)に対して、CentOSマシンから読み出せなくてデータの移行ができず困っている」

とのこと。

たしかに、デフォルト設定のままでセットアップしたCentOS(Linux)環境ではNTFSフィーマットのHDDの読み書きが出来なかったはず...である。

かといって、バックアップデータが入っているHDD自体のファイルシステムはいまさらどうにもならないので、何とかこのままで読み書きできるようにしないといけない...

たしか、 ntfs-3g を導入すればよかったはずだが、最近やってなかったからなぁ...と、記憶も定かではないが、一時的にネットに接続できるようにしたということなので、やってみれば何とかなるだろうと実機の元へと向かいます。

 

2.EPELリポジトリの導入

まずは、ntfs-3gのパッケージが標準(デフォルト)では存在しない(はずな)ので、がんばってEPELのリポジトリを導入します。

手順は以下のとおり。

(1)インストール対象の取得

Fedora EPELから、epel-releaseをダウンロードしてインストールする。
URL)http://fedoraproject.org/wiki/EPEL/ja

探すのが面倒なひとはこちらから。

・i386用 (32bit)
http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/i386/repoview/epel-release.html (2013/6/7現在はアクセス可能)

・x86_64用 (64bit)
http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/repoview/epel-release.html (2013/6/7現在はアクセス可能)

導入する環境に合わせて取得しましょう。

 

(2)リポジトリのインストール

ダウンロード先ディレクトリに移動し、以下のコマンドでインストールする。

su -c "rpm -ivh epel-release-6-5.noarch.rpm"    ※下線部分はダウンロードしたファイル名にあわせること。

メモ) 以下のコマンドで導入できたかを確認できます。
yum search ntfs

成功していれば、実行結果(表示)中に ntfs-3g の記述があるハズ....

 

3.ntfs-3gのインストール

以下のコマンドでntfs-3gをインストールする。

yum install ntfs-3g

※途中で、問い合わせ([Y/N]表示)が出ますが、通常はyを選択(入力)しEnterキーを押せばOKです。たぶん。(ちゃんと表示の意味は確認してね。)

 

 

以上で、オペレーションは終了。

しばらくすると、NTFS HDD を認識&マウントする旨の表示&操作がGUI側では確認出来るはずです...というわけで、無事確認できました。めでたしめでたし。

あとはHDDからデータをコピーしたり、データを書き込んだりの作業は相手にお任せして、自分の作業はこれにて終了。

CUI環境では...デバイスは認識してるはず。見つけて使いやすいようにどこかにマウントすべし。(CUIでアクセスする気が(今は)無いので今回は割愛。)

2015年9月追記)
 ディストリビューションは違いますが、こちらではマウントするところまでやってます。参考になるかな...

おしまい。