現在一部コンテンツが表示出来ていないところがあります

先週より、村役場 の 登録情報の表示について、エラー表示になっているとの報告を受けており、現在(2021年2月15日 22時の時点で)も対策を検討中です。

ヒロさんほかの方々には、エラーとなっている旨の報告をいただき大変ありがとうございました。

現在も原因の調査中で、対策にはまだ時間がかかる見込みですが、復旧もしくは代替のものへの切り替え等、対策が住みましたら改めてお知らせするようにします。

また、表示はされていたがエラー表示も同時に出ていた部分に関しては、対策を行いましたが、まだエラー表示が出ているところがありましたら、お手数ですがその旨お知らせください。

出来る限り早く対策を行うようにしますので、申し訳ありませんがよろしくお願いします。


2021年4月18日追記
 何とかCSむらの登録情報をデータからもとの(表示されていた)登録情報への復元が完了しました。(たぶん大丈夫なはず...)
 あとは、登録情報を表示できるようにすれば...というところですが、90件ほどのデータを半値する作業がこれから待っているのです...出来るだけ速く掲載形式を決めて復活させるようにしますのでもうしばらくお待ちください。(4月中目標。)


 

2021年のOFF会予定(主にぶるうほおる側で決めたもの)

2021年のOFF会の予定を決めてみました、

 2021年10月9日(土)
  ---> 神戸OFF (兵庫県)
    集合場所:神戸海洋博物館駐車場 (https://goo.gl/maps/5pBQyxbNFT13dsKh8
     時間 :13時00分

開催日については、天候等により変更になる可能性が有りますのでご注意ください。 

 

この他でも随時こちらで把握した範囲で追加するようにします。

 

 

 2014年4月の、WindowsXPのサポート終了を受け、この期に脱Windows環境に移行...といった話も自分のまわりでは聞こえるようになってきました。

  実際のところ、メールとWebページの閲覧がメインで、たまに文書作成があるかも...といった程度であれば、WindowsにこだわらなくてもOSの選択肢はいろいろある世の中なので、このタイミングでLinux系OSに乗り換えた方も多いのではないでしょうか。

 そんなわけで、CentOS6マシンの導入依頼を受けたりすることも多くなったのですが、一般的にウイルス対策にはあまり気を遣わなくてもよいと言われているLinux系OSとはいえ、「自分を経由して他のPCが感染してしまった...」となってしまう可能性も無くは無いので、適当なウイルス対策ソフトを導入してみることにしましょう。

  今回選択したのは Comodo Antivirus for Linux です。改めて書きますが、OSは CentOS6です。

 インストールするマシン側のスペックは、

CPU                   : 1.5GHz
RAM                  : 1.5GByte
HDD(空き容量)    : 80GByteくらい

 という、「あえてWin8.1などにはしない」ほうが、「ドライバが無い」などのトラブルが出なさそうな、微妙なお年頃のPCです。

  この、Comodo Antivirus についてですが、日本では今ひとつ有名では無い(=なじみの薄い)ソフトな様ですが、最近では(windows向け製品では)検出率も高くなってきたよう で、なによりLinux系OS向けでは貴重なGUI画面を持ったソフトウエア。
 なので、コマンドライン操作で扱うしかないタイプほどの敷居の高さはないとい えるでしょう。

  まぁ、その分、マシン側への(最小)要求スペックが

CPU                   : 2GHz
RAM                  : 2GByte
HDD(空き容量)  : 40GByte

  と、少々高めですが、調べた範囲ではスペックを満たしていなくても案外大丈夫らしい。ますはインストールしてみましょう。

 ダウンロードは こちら から。
 ターゲットOSとOSのBit種別を選択すればダウンロードの開始ボタンが有効になり、押下でダウンロード開始します。

 なんとか最新版をダウンロードしたらインストール実行です。

  ルートユーザで、

 rpm -ivh CAV_LINUX-1.1.xxxxxx-x.i686.rpm

 のコマンド実行でインストールを開始します。

  インストールが無事終了すると、

 Installation succeed, but it must be properly configured before using.  
Please run /opt/COMODO/post_setup.sh script manually to configure it.

  といったメッセージが表示されているはずです。

  と言うわけで、読んでのごとく、「この後に”/opt/COMODO/post_setup.sh”で初期設定を実行しなさい」と言っているよう(たぶん)なので、さっそく(ルートユーザのまま)初期設定を実施しましょう。

/opt/COMODO/post_setup.sh    <- 実行した(入力した)コマンド

  途中、ライセンス認証を求められるので、”y”を入力して次のステップへ。
  その後、E-Mailアドレスの入力を求められるかと思いますが、入力は必須ではない(オプション)ので、入力したくない方は無理に入力せず未入力のままで設定を続行しましょう。

 その次は言語設定です。が、Japanese(日本語)の選択肢はないので、デフォルトの8(English, United States)を選択しましょう。

 

 以下に実際に設定したときの模様を記します。このときには途中でエラーが発生しているので、その際に行った対策の手順についても書いておきます。

 設定とトラブル対処の参考にしてください。

 

-以下、設定時の模様- 

 /opt/COMODO/post_setup.sh    <- コマンド入力

COMODO Antivirus for Linux 1.1

End User License Agreement

 :
(中略)

 b. if you are located in China, Beijing Comodo Software Development Co. Ltd., wh
ich has its principal place of business at 401 Tower B., Fenglan International P
laza, 32 Beidajie Xizhimen, Haidian District, Beijing, China.  
KDo you agree with this license?[Y/n]: y            <- ライセンス認証を求めてくるので"y”を入力

Free Registration

Receive the latest COMODO products news, updates and offers  
COMODO will NOT share your information with any third parties.
Please input your email address(optional):               <- emailアドレスの入力を求められたけど、未入力で続行(Enterキー押下)

1. Arabic, Saudi Arabia
2. Bulgarian, Bulgaria
3. Chinese, People's Republic of China
4. Chinese, Taiwan
5. Croatian, Croatia
6. Czech, Czech Republic
7. Dutch, Netherlands
8. English, United States
9. Estonian, Estonia
10. French, France
11. German, Germany
12. Greek, Greece
13. Hungarian, Hungary
14. Italian, Italy
15. Polish, Poland
16. Portuguese, Brazil
17. Russian, Russia
18. Serbian, Serbia and Montenegro
19. Slovak, Slovakia
20. Spanish, Spain
21. Swedish, Sweden
22. Turkish, Turkey
23. Ukrainian, Ukraine
Please select the language[number,default:8]: 8   <-日本語の選択肢はないので"8"を入力

Build the RedirFS kernel modules for real-time protection...     <-この辺から自動で設定が始まるのだが...


Then linux kernel source or linux kernel headers for your current kernel version 2.6.32-431.11.2.el6.i686 can not be found.
Please install the kernel source or kernel headers for 2.6.32-431.11.2.el6.i686, then run this script again.
make -C /lib/modules/`uname -r`/build M=/tmp/driver/redirfs modules
make: *** /lib/modules/2.6.32-431.11.2.el6.i686/build: そのようなファイルやディレクトリはありません.  中止.
make: *** [all] エラー 2
make -C /lib/modules/`uname -r`/build M=/tmp/driver/redirfs modules_install
make: *** /lib/modules/2.6.32-431.11.2.el6.i686/build: そのようなファイルやディレクトリはありません.  中止.
make: *** [install] エラー 2
FATAL: Module redirfs not found.

RedirFS kernel modules installation failed.

Stopping cmdagent: 60G[  OK  ]   The cmdagent stopped successfully!
Starting cmdagent: 60G[  OK  ]   The cmdagent started successfully!
The cmgdaemon is not running!
Starting cmgdaemon: 60G[  OK  ]   The cmgdaemon started successfully!

COMODO Antivirus is successfully configured, you can start it from Menu or Desktop.

 
 う~ん、このときは”そのようなファイルやディレクトリはありません.  中止.”と、途中でエラー終了してしまいました。
 どうやらカーネルビルド関連の環境に不備がある様子。

 確かにカーネルビルド環境の用意はしていなかったので、さっそく環境を準備することにしましょう。

 ちなみに、この段階でもGUI画面は開き、手動でウイルスデータの更新やスキャンの実行はできる様です。(すぐ下を参照)
 しかし、画面右側の表示上では”問題あり”の状況を示しているうえ、当然ですが、リアルタイムスキャンは動作していないので、このままではちょっと気持ち悪い。
 (ある意味、負荷を減らすためにリアルタイムスキャンを動かしたくないのならば、このままにしておくと言う手もあるのかも!?)

 

インストールだけは成功した直後の画面

インストールは成功しているけど、カーネルの更新等が失敗している状態で起動してみた。

当然、リアルタイムスキャンなど動作している訳もなく、このまましばらく放置しておくと...

左側がいかにも”動作環境に問題あり!”な表示に変わりました。
(ある意味正しく動いているとも言えるけど)

この状態でも、ウイルスデータのアップデートやウイルススキャンの操作はできるようです。(操作が出来るだけかもしれませんが、見た目ではちゃんと動いているっぽい...)


 そんなわけですので、カーネルビルド関連の環境を導入することにしました。
 この際ですから、ビルド環境としてのgccとかの、必要そうなものもついでにまとめて入れてしまうことにします。(コマンドは次のとおり。)

 yum install kernel-devel gcc-c++ pango-devel cairo-devel readline-devel wxGTK-devel lua-devel

 

  無事インストールが済んだら途中終了していた設定操作に再挑戦します。

 /opt/COMODO/post_setup.sh      <-ここは一緒ですね

COMODO Antivirus for Linux 1.1

End User License Agreement


(中略)


Please select the language[number,default:8]: 8

Build the RedirFS kernel modules for real-time protection...

make -C /lib/modules/`uname -r`/build M=/tmp/driver/redirfs modules
make[1]: ディレクトリ `/usr/src/kernels/2.6.32-431.11.2.el6.i686' に入ります
CC [M]  /tmp/driver/redirfs/rfs_path.o
In file included from /tmp/driver/redirfs/rfs_path.c:24:
/tmp/driver/redirfs/rfs.h: In function ‘rfs_inode_setattr’:      <-途中で”警告”の文字も見えますが、エラー終了はしないので大丈夫でしょう。
/tmp/driver/redirfs/rfs.h:601: 警告: passing argument 2 of ‘inode_setattr’ discards qualifiers from pointer target type
include/linux/fs.h:2652: note: expected ‘struct iattr *’ but argument is of type ‘const struct iattr *’
CC [M]  /tmp/driver/redirfs/rfs_root.o
In file included from /tmp/driver/redirfs/rfs_root.c:24:
/tmp/driver/redirfs/rfs.h: In function ‘rfs_inode_setattr’:
/tmp/driver/redirfs/rfs.h:601: 警告: passing argument 2 of ‘inode_setattr’ discards qualifiers from pointer target type

(中略)

make[1]: ディレクトリ `/usr/src/kernels/2.6.32-431.11.2.el6.i686' に入ります
INSTALL /tmp/driver/avflt/avflt.ko
DEPMOD  2.6.32-431.11.2.el6.i686
make[1]: ディレクトリ `/usr/src/kernels/2.6.32-431.11.2.el6.i686' から出ます

RedirFS kernel modules have been successfully installed.

Stopping cmdagent: 60G[  OK  ] The cmdagent stopped successfully!
Starting cmdagent: 60G[  OK  ] The cmdagent started successfully!
Stopping cmgdaemon: 60G[  OK  ] The cmgdaemon stopped successfully!
Starting cmgdaemon: 60G[  OK  ] The cmgdaemon started successfully!

COMODO Antivirus is successfully configured, you can start it from Menu or Desktop.

 というわけで、今度は無事終了した様です。めでたしめでたし。

 

設定が無事成功した後はGUI画面上も少々様子が変わっています。

 

”Update Now”ボタンが出るようになりました 今度はエラー表示にはならず、”Update Now”ボタンになっていて、見るからに更新をせがんでます(笑)。
ウイルスパターンデータを更新中! ボタンを押下すると、ウイルスデータの更新が始まりました。
もう少しで更新終了です もうすこしで更新終了です。
更新終了! 更新終了!
"Close"ボタンを押下すると....
今度は"Do It Now"ボタンに変わりました。

今度は"Do It now"ボタンに変わりました。
「今すぐウイルススキャンを実行しろ」ということらしい。
というわけで、ボタンを押下すると...

ウイルススキャン(インストール後の一回目)が始まりました。 ウイルススキャン(インストール後の一回目)が始まりました。
スキャン終了! スキャン終了!
ウイルス等の検出は無しです。(OSインストール直後だから当たり前ですね)
表示もグリーンに変わりました。 表示もグリーンに変わりました。
めでたしめでたし。

 

 ウイルスデータの更新も自動的にやってくれる上、時間指定での定期的なスキャンもできるので一旦設定してしまえば意識的にやることはあまりなさそうです。

  なにより、一度初期設定までが終了すると、コマンドラインの打ち込みでやる作業が無い事はメリットと言えるでしょう。
 GUIで運用するとは軟弱な...とか言わないこと。「普通の人」も使えるってところがミソなのだから。

 これで日本語対応していれば...と思うのは自分だけでは無いと思う。たぶん。

  インストールの前後で変わった事といえば、起動とシャットダウンの際に数行のメッセージ(エラーメッセージではない)が表示されるようになった事 と、起動と終了にかかる時間が若干長くなった事くらい。(どうやら内部に仮想的なHUBを構築してソコを経由させることでチェックしているようです。間違っていたら申し訳ありません。)

  とはいえ、(個人的には)どちらも気にするほどは長くなっていないので、気にする人は気にするのかな...といったレベルだと思います。

  現状では、起動後の操作時の反応に「遅さ」はあまり感じませんでした。高負荷な処理を実行させた場合などではこのソフトウエアのインストール前後で の違いは大きく出るのかも知れませんが、スキャン中の操作感も懸念したほどには悪化しないようです。(予想外には軽い様子)
普通にgXXgXe検索とかヤXオXとかの閲覧をしてみましたがストレスは感じませんでした。

 なにより当初の目的である「安心感の補強」は達成できましたのでGood!!

 というわけで、この話題は、これにて終了。