2020年秋OFF

 発表の後、12月あたりからの世の中の動向を見ながらでUPしてませんでしたが、希望を込めて正式に実施日等を発表することにします。

 日付 : 2020年10月10日(土)
 場所 : カワサキワールド (〒650-0042 兵庫県神戸市中央区波止場町2-2)
      (https://www.khi.co.jp/kawasakiworld/)

      (の駐輪場) ※ポートタワーの横を通り過ぎての一番奥にロータリー状に
                                             なっているところにある”メリケンパーク駐車場”に隣接する駐輪場

 時間 : 13:00~14:00 (予定)

 補足 : いつもどおりで車両縛りなどは「無し」です。安心ですね。

2020年7月19日追記)
 検討されていた方々には申し訳ありませんが、今年の開催についてはひとまず「中止(延期)」ということにします。
 

 

今日は休日出勤してこんなもの作ってました。(これでも仕事です)

こんなものを作ってました

直径が4mmで長さが70mmの丸棒を汎用旋盤で削りだして作成してます。(下にあるのは100円硬貨です)

直径公差は4mmに対して±0.02mmの範囲で出来てますが、これを50本。(写真はまだ途中です。丸棒以外の部分がどうなってるかは社外秘(笑))
自分は一日ではココまでが限界の作成数ですね。(多いのか少ないのかは比較対象が無いので不明)

これだけじゃなんだか判らないですが、材料は、葉蠟石(パイロフィライト)という「石」。
きめの細かいチョークといった感じで、芯押し台で片端を押さえると「押さえたところが砕ける」とか、「刃物を当てた際の変形や切削抵抗に耐えられなくて折れる」といった、なんとも根性無しなヤツです、

本体は、これまでやってもらっていた業者さんでは「加工不可」といわれ門前払いだった形状仕様で、前述のような性質の材料なのと、直径の15倍以上の長さを削りだす加工になるとい2重の問題があるために「出来ない」判定だったらしいのですが....何とかなるものですな。

客先要望が強くて、「うっかり加工できてしまった」ために今後も自分で作成することになってしまいました。(先生なしでの旋盤加工暦が今年で2年目といったところなので...ほぼ素人といってよいのですが。)

この後60mmに長さをそろえて完成です。(完成写真を撮り忘れた...)
実は切るときにもうっかりすると容赦なく砕けるんだよねぇ...(悲)

 「実験に関することなら何でも」が仕事とはいえ、自分で加工までやることになるとは予想してませんでしたヨ。

明日は昨年もやった、同じ材料のサイコロを800個作成が待ってます。(これまた面倒なのですが)
世の中は「コロナV]の影響が出てますが、研究機関が相手なので納期は変わらないため何とか明日で作りきってしまわないと怒られてしまいます。
専門色が強い加工なので(いまのところ)自分にしか出来ないので「ワークシェアリングって何?」ってな感じです。(SEのときもそんな感じでしたね)

年度末は毎年大忙しです。(予算消化需要がこの時期だけ集中して発生するので。)