2020年秋OFF

 発表の後、12月あたりからの世の中の動向を見ながらでUPしてませんでしたが、希望を込めて正式に実施日等を発表することにします。

 日付 : 2020年10月10日(土)
 場所 : カワサキワールド (〒650-0042 兵庫県神戸市中央区波止場町2-2)
      (https://www.khi.co.jp/kawasakiworld/)

      (の駐輪場) ※ポートタワーの横を通り過ぎての一番奥にロータリー状に
                                             なっているところにある”メリケンパーク駐車場”に隣接する駐輪場

 時間 : 13:00~14:00 (予定)

 補足 : いつもどおりで車両縛りなどは「無し」です。安心ですね。

 

BBS側でも試乗情報のありました、先ごろ販売を開始したという Ninja 250SL を観てきました。

ショップのご好意で試乗までさせていただきました。感謝。(最後のほうに、エンジン始動の動画へのリンクあります。「手持ち」なのであまりきれいじゃないけれど。)

まず気づくのは、「車両のコンパクトさ」でしょうか。近年、250ccとはいえ、大柄な車両になりがちなのですが、SLは、なかなかコンパクト。

取り回しも、走行中のレーンチェンジも、コーナーでの旋回も、なかなかの軽さ(軽快感)です。なんとも気持ちいい。
初心者から、走れるようになってきた人まで楽しめそうなフィーリングです。

カウル幅も小ぶりなため張り出しは少ないのでコンパクト感を際立たせる要因かも。

タンクについは、自然とニーグリップできる幅で、気になっていた高さも実際に乗ってみると見た目ほどの張り出し感は無いですね。

シフトフィールは、ストローク短めでカチカチ入る感じで、個人的には好きなタッチですが、人によっては硬いと感じられるかなとも。

リアサスは、確かに硬いのですが、フロント加重気味で乗ってあげる向けか、ロードコースでの負荷を考慮してのセッティングなのかも。
その分、若干足つき性に難がありますが、その辺はSLに限ったことではないでしょうから問題は無いといえるでしょう。

ブレーキも軽いタッチで十分に効いてる(まだ慣らしが終わってないのにもかかわらず)のと、タイヤのグリップ感と合わせて普通に乗っていての不安感はありません。

全体的にみて、楽しめる、よくできた車両ではないでしょうか。個人的には、安心して誰にもお勧めできる車両です。

250SL(1) 赤もいいかな。と。
250SL(2)  

カウルの張り出しは少なめ。

おかげで見た目もスリム。

250SL(3)

なかなか見た目もいいです。

CSのときと違って「その気」になって造りこんでますね。

 
250SL(4)  

シングル車両には見えません。

シングルレースブームに火がつくか!?

おまけ)

エンジン始動時の動画。(http://www.bluehall.jp/cms/images/home/20150419/250SL-ign.mpg